カラミざかり 4話 【お…お前らも来いって!】ネタバレ

カラミざかりTOP
101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

「い…挿れていい?」

「う…うん…あたし初めてだから…ゆっくり…」

 

「お…俺も初めて…」

「あ…あん…」

♥無料立ち読みする方は画像をクリックで読めるようにしています♥

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

カラミざかり 4話 【お…お前らも来いって!】

完全に始まってしまった貴志と智乃のセックス。

 

 

高成も里帆も股間を抑えながら、

2人のセックスに見入ってしまいます。

 

 

そしてほどなく、貴志が我慢できずにフィニッシュ。

智乃と二人、ベッドに仰向けに転がります。

 

 

「はあ…はあ…」

「はあ…はあ…」

 

 

それをただ一歩も動けずに眺める高成と里帆。

 

 

貴志がようやく我に返り、

高成と里帆の視線に気づく。

 

 

「お…お前らも来いって!」

 

 

何を血迷ったのか、

貴志は高成と里帆の手を掴んでベッドに背面ダイブ。

 

 

高成は智乃に覆いかぶさり、

里帆は貴志に覆いかぶさります。

 

 

「おい!なにすん…!?」

 

 

貴志は里穂にキスをしており、

ショックのあまり最後まで言えず。

 

 

「山岸?」

「え?」

 

 

高成は智乃に不意打ちでキスをされます。

唇の柔らかさに感動を覚えるものの…。

 

 

隣の貴志と里帆は既にそれ以上の事をしており、

ショックでベッドから智乃と二人で落ちてしまいます。

 

 

「わり…。だいじょうぶか?」

「うん」

 

 

目の前にオッパイとまんこを丸出しにた智乃が

ペタンと座っている。

 

 

「あたしらもしようよ」

 

流されるままに高成も智乃のすることになってしまい…。

 

⇒本編が読みたい方はこちらの画像をクリック
本編のダイジェストから始まります。
101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用